子どもの笑顔が育ちまち。大田笑市 栃木県大田原市

大田笑市ムービー

鮎篇

大田原 夏の風物詩「黒羽観光やな」

黒羽観光やなってどんなところ?

目印は“鮎のぼり” 大田原のイチオシ観光名所

那須岳山麓を源流とし太平洋へと注がれる那珂川は、関東随一の清流として、地域の人はもちろん様々な生き物に恵みをもたらす大田原の母なる川です。また、天然鮎の遡上が日本一と謳われる河川でもあり、多くの人が鮎釣りを楽しむ釣り場として全国で知られています。
毎年夏になると、この那珂川に風光明媚な観光名所「梁(やな)」が登場します。「やな」とは、川の流れをⅤ字型にせき止め、生じた急流に誘導された鮎などの川魚を獲る仕掛けです。市内に数カ所ある「やな」の中でも、今回訪れた「黒羽観光やな」は、那珂川が織りなす美しい景色と迫力満点のやな漁を近くに見ながら、新鮮な鮎料理を堪能できる大田原屈指の人気スポットです。食堂の入り口でお客さんを出迎えるのは、鯉のぼりならぬ“鮎のぼり”!中に入れば、「香魚」とも言われる鮎のかぐわしい匂いが食欲を刺激します。

おすすめポイント

塩焼き、刺身、釜飯・・・川絶景とともに鮎料理を堪能

「黒羽観光やな漁業組合」の常務理事、松浦さんに人気メニューを尋ねました。「ご家族連れに人気なのは鮎釜飯ですね。新鮮だからこそ提供できる鮎の刺身もコリコリとした歯ごたえでおすすめです。そしてなんと言っても注文を受けてから炭火でじっくりと焼き上げた鮎の塩焼きは、ここに来たらぜひ試して頂きたい一品です」
ホクホクと身がほころぶ鮎の塩焼きに舌鼓を打ちながら外を眺めれば、涼やかな「鮎やな」の風景に暑さも忘れるぜいたくなひととき。「やな」にはお客さんも上がることができるため、竹のスノコに那珂川の清らかな水しぶきが勢いよく打ち付ける中、鮎が獲れる瞬間を間近で目撃することができます。
清流にしか棲まないとされる鮎がここまで豊富に見られるのは、那珂川を愛する大田原の人々の努力も大きく影響しています。終戦後、伝統的な鮎漁を盛り上げるため、早くから農業集落排水や下水処理の問題について取り組んできたそう。「那珂川あっての鮎ですから」松浦さんの誇らしげな笑顔に、この町の宝物を教えてくれたような気がしました。

ロケ地情報

黒羽観光やな

〒324-0241
栃木県大田原市黒羽向町
1639番地

TEL:0287-54-0087

CM撮影レポ

冷凍鮎が生き返る!
いぶし銀エキストラも熱演

「黒羽観光やな」の調理場近くで撮影された「鮎篇」。冷凍されてカチコチの鮎が、水に戻されたとたんに生き生きと泳ぎ始める・・・というびっくりストーリーに、「良いアイデア思いつくね」とはにかむのは、出演にご協力頂いた鈴木さん。役柄と同じく「黒羽観光やな」で働く川の男です。初めてなもんだからアガっちゃったよ、と照れ笑いの鈴木さんでしたが、堂々の演技で撮影も順調に終了しました。
子どもたちの夏休みに合わせてオープンする「やな」では、時折鮎以外の川魚も獲れるそうで、生けすにはナマズやコイの泳ぐ姿も。「子どもたちに見せてあげたいから」という理由で、鈴木さんは夏に穫れた川魚を秋になると一度自宅の庭の池に放し、再びこの生けすに戻してあげるそうです。休憩中、興味津々に生けすをのぞき込む主人公の男の子と、鈴木さんの優しい笑顔が思い出に残る撮影になりました。

 おいしそう〜

オオタワラ人に聞きました

子どもの頃から鮎釣りを
楽しむオオタワラ男児にインタビュー!

大田原ってどんなとこ?

「文化の香る町」
那須与一の郷として有名な大田原ですが、この「やな」がある黒羽地区は芭蕉の郷と言われています。見所も沢山ありますよ。(「黒羽観光やな」常務理事 松浦さん)

「鮎好きにとっては天国」
鮎はもちろん川魚の美味しさは、やっぱり新鮮かどうかが一番。釣れるし食べられるし、良い町だよね。(エキストラ 鈴木さん)

大田原のどこが好き?

「静けさ」
訪れる人も住んでいる人も静けさを愛していると感じます。心穏やかな住空間を求めているなら、この土地はとても良いところだと思います。(「黒羽観光やな」常務理事 松浦さん)

「黒羽城址公園の紫陽花(あじさい)」
約6,000株の紫陽花が見頃を迎えるのは「くろばね紫陽花まつり」。毎年6月から7月にかけて開催されるのでぜひ遊びに来てください。(エキストラ 鈴木さん)

オオタワラ人ってどんなヒト?

「趣味を満喫している人が多い」
私自身も鮎釣りはもちろん、茶道や浪曲をたしなんでいます。芸術や文化にまつわるお祭りが年間で沢山あるのも関係しているかもしれませんね。(「黒羽観光やな」常務理事 松浦さん)

「なんだかんだで鮎が好き」
鮎釣りは近所の川で誰でもしたことあると思いますよ。俺も若い頃はよくやっていたなぁ。自分で釣った鮎ならフライや唐揚げがおすすめです。(エキストラ 鈴木さん)

マップ

トップへ戻る